医療脱毛とエステ脱毛を併用するのはどうなんだろう?

医療脱毛とは、医療機関である医師免許のあるクリニックや病院などで行なう医療レーザーと絶縁針脱毛があります。
エステ脱毛でも、光脱毛器を使う方法と絶縁針脱毛がありますが、絶縁針脱毛の場合には専用の資格のあるエステシャンのみが行なえることになっています。
そのため、医療機関で行なうほうが衛生面においても安心した絶縁針脱毛が行なえると言われています。
医療レーザーは、レーザー特有の特定の色に反応する性質を使い毛根のメラニンに吸収させて毛乳頭を破壊していきます。
エステ脱毛では、出力のパワーを抑えた光脱毛器を使用し、毛根へのダメージは与えられますが毛乳頭を破壊することは、法の定めにより禁じられているのでできません。
同様の効果のためには、医療脱毛の医療レーザーの約3倍以上の回数が必要となります。
いずれにせよ、施術を行なったとはいえ永久的に2度と毛が生えないわけではなく、その脱毛の長期的な持続性ということとなります。
また、医療脱毛もエステ脱毛も日焼けした肌には、レーザーが色に反応し使えないため、日焼けしてしまった部分やレーザーでは脱毛しきれない部分には、絶縁針脱毛を併用すると効果的です。
絶縁針脱毛は、1本につき幾らとかなり費用がかかるため全身脱毛には適してないので、併用することが望ましく、エステサロンでの光脱毛と医療機関での絶縁針脱毛と併用することで綺麗なつるつるの脱毛が実現するでしょう。